意識しはじめたら恋です

ウーマン

片想いから始まる

若い男女が時間や場所を、共有することで何らかの感情が芽生えることがあり、この感情が好意に発展しやがては社内恋愛のきっかけとなるのです。職場にいる異性を意識し始めたら、それは片想いいの始まりといっても過言ではありません。しかし同じ空間にいるからといって、誰もが社内恋愛にまで進展するとは限りません。一方的な恋である片想いから社内恋愛にまで発展するには、ある程度の条件が整っていることが重要なポイントになるのです。同じ場所にいても、存在自体を知ってもらえていないと好意を持ってもらうきっかけもつくれないことになります。まずは相手に名前などの最低限の、ことを知ってもらうことから始めましょう。意識した異性の友達や知り合いを頼って、紹介してもらうとスムーズに知り合えるのでおすすめです。もしも共通の知り合いや友人が見つからない場合は、相手の趣味をリサーチしてみましょう。社内のサークルに入っていたら、さりげなく入会させてもらい共通の趣味を持つことです。同じ趣味を持っている相手には、たいていの人は気安くなるのでチャンスが広がります。またサークル独自の活動もあり得るので、そんな時には臆せずに参加してみると話すきっかけが増えるのです。好きなことをしながら楽しい時間を、共有することで仲間意識もできるので異性だけでも友人としての好意を持ってもらえます。ここで大切なのは単なる異性の友人という位置に、落ち着いてしまわないことです。友人の位置を大切にするあまりに、社内恋愛にまで進化できないのであれば本末転倒もよいところでしょう。時間を共有することで知り合わなかった頃よりも、確実に社内恋愛になるきっかけが増えるのでチャンスを逃さないようにすることです。

Copyright© 2017 結婚相談所選びで迷っているなら体験談を参考にしよう! All Rights Reserved.